ニュース&トピックス(2024年)

徳島県レンタカー協会が協会主導で空港等で「シェアカー事業」を開始(2024年04月19日)

徳島県レンタカー協会では、徳島県及び徳島県観光協会からの要請を受けて、徳島阿波踊り空港及び高速バスターミナル「徳島とくとくターミナル」の2か所で協会主導による“シェアカー事業”を開始しました。

当地では公共交通機関との連絡が乏しいため2次交通としてレンタカーの利便性向上が求められていました。

空港では徒歩5分の隣接地にシェアカーステーションを設置し、会員5社から合計14台の車両提供を受けました。

またとくとくターミナルでは、バスターミナル駐車場にシェアカーステーションを設置し、5社から21台の車両提供を受けました。

車両を利用するにはスマートフォンの専用アプリで手続きを行います。

北海道地区レンタカー協会連合会が回送車両を割引料金で提供する施策を展開(2024年04月19日)

北海道地区レンタカー協会連合会では、インターネットで旅行サービスを展開する3社と提携し、新千歳空港に乗り捨てられ本拠地への回送が必要な車両を、本拠地への乗り捨て利用に限り割引料金で利用できるサービスを展開しています。

ある旅行サービスでは、「千歳発のワンウェイ利用がお得に」とする特集ページを作成し、特定ルートでの利用が格安であることをアピールしています。

これは、北海道特有の利用形態として、新千歳空港周辺に車両の対流が起こりやすくなっているため、これらの車両を効率的に回送するための施策として展開したものです。

札幌レンタカー協会がホームページをリニューアル(2024年04月19日)

  札幌レンタカー協会ホームページ


一般社団法人札幌レンタカー協会は協会のホームページをリニューアルしました。

新しいホームページでは特に、雪道になれていないインバウンド客を含めた利用者に向けた情報提供を強化し、“冬道は滑ります!”を前面に押し出したチラシと動画へのリンクを上位に配置しました。

チラシは日本語・英語・簡字体・繁字体・ハングルの5言語あり、特に一時不停止が原因の事故に対する注意喚起に力を入れています。

また動画は、北海道警察が作製したもので日本語・英語・中国語・韓国語の4言語あり、北海道警察YouTube公式チャンネルにリンクされています。


■一般社団法人 札幌レンタカー協会ホームページ https://sapporo-renta.com/index.html

宮崎県レンタカー協会が「カードゲームでSDGsセミナー」を実施(2024年04月19日)


宮崎県レンタカー協会は3月13日、宮崎市の宮﨑東京海上日動ビルで「カードゲームでSDGsセミナー」を実施しました。

カードゲームを通じてSDGsへの理解を深め、会員各社における持続可能は社会づくりに向けた取り組みと、会員同士のコミュニケーションを図る目的で実施しました。

茨城県レンタカー協会が「テールゲートリフター特別教育講習会」を実施(2024年04月19日)

茨城県レンタカー協会は3月4日、水戸市の茨城県トラック総合会館で「テールゲートリフター特別教育講習会」を実施しました。

この講習会は、労働安全衛生規則の改正によりテールゲートリフターを使用して貨物を積み下ろす際に講習の受講が義務づけられたことに伴い実施されたものです。

当日は、テールゲートリフター関する知識や関係法令を学ぶ学科と、操作を学ぶ実技の研修を行いました。